3.13(日)「鋸南町再発見ワークショップ」のお知らせ

3月13日(日)に「ようこそ鋸南プロジェクト」学生チームが主催する、鋸南町の発展と今後の保田小学校の利活用を考えるワークショップを開催します。

今後の町のこと、保田小学校のことを一緒に考えませんか?

  • 「鋸南町再発見ワークショップ」
  • 日時:3月13日(日) 1012時
  • 場所:都市交流施設・道の駅 保田小学校 まちの縁側(http://hotasho.jp/other/#engawa
  • 参加条件:誰でも予約なしで当日参加OKです!お住まい・年齢・性別に関係なく、どなたでもご参加いただけます。
  • 持ち物:必要ありません!手ぶらで気楽にお越しください。
当日は3月5日に行われた「保田川頼朝桜の里 竹灯篭まつり」に携わる実行委員会の方もお迎えしております。
是非皆様お友達・ご家族連れでいらしてください!

「保田川頼朝桜の里 竹灯篭まつり」と学生の関連とは?
私たち学生は町の様々なイベントに参加しております。その一つとして3月5日に行われました「保田川頼朝桜の里 竹灯篭まつり」にも2年連続で竹を用いた作品を制作し、展示をいたしました。今回はその時にご縁のあった竹灯篭実行委員の方を迎えワークショップを行います。(写真は今年の作品展示の模様です)

「ようこそ鋸南プロジェクト」学生チームとは?
2015年12月に竣工・グランドオープンをした「都市交流施設・道の駅 保田小学校」の設計にも携わった、5大学からなる学生団体です。法政大学渡辺研究室、日本女子大学篠原研究室、工学院大学木下研究室、早稲田大学古谷研究室、日本大学(有志)のメンバーが集まっています。
私たち学生は3年前より鋸南町の四季折々のイベントを通じて町のことを学びながら、保田小学校の基本設計に携わり、まちのコンシェルジュにもある鋸南町のジオラマ模型も作成しました。