公共施設オープンリノベーションコンペ受賞!

平成27年度総務省主催の「公共施設オープンリノベーションマッチングコンペティション https://www.gservice.cloudjp.net/renovation/ 」にて、鋸南町と、ようこそ鋸南の学生チームとしても活躍中の「首都圏大学研究室 鋸南プロジェクト」の提案が受賞作品に選ばれました!


作品名は、「湯上りの長縁-鋸南町グリーンツーリズムにおける新たな観光交流拠点計画」。
町全体での取り組みや、都市交流施設・道の駅 保田小学校との連携が評価されての受賞です。


以下は、学生メンバー川崎さんの言葉。
道の駅保田小学校の開業を機に、道の駅を観光客集客のゲートウェイと捉え、「笑楽の湯」に既存のグリーンツーリズムを集約することで温泉はそのままに、第2の地域交流拠点へとリノベーションを行い鋸南町の生産・消費サイクルの向上を図ることを目的とした提案です。
この事業は今期中に竣工まで行う超タイトなスケジュールのため学生チームも今まで以上に気合いを入れ取り組んでいきたいと思います。
加えて鋸南町住民の方々や鋸南町役場の方々には、ご迷惑やお手数をお掛けすることも多々あることかと思います。
しかし、「学生だからこの程度しかできないのか」ではなく、「学生なのにここまでできるのか」と皆様に言っていただけるようチーム一丸となって取り組んでいきたいと思います。
その際は鋸南町役場の皆さまをはじめ、鋸南町住民の皆さまにも、時に厳しく時に楽しく?ご指導いただければ幸いです。
みんなで鋸南町を盛り上げていきましょう!!!
 コンペ受賞に保田小での活動と、活躍めざましい学生チームの今後にご期待ください!